XR Biz Mag.

エンタープライズVR/ARの最先端を届けるメディア

VR活用

不動産×VRの活用事例

更新日:

今回は不動産分野でのVR活用事例をご紹介していきます。

不動産分野は顧客によりリアルなイメージを提供することが重要になります。その点、実際にその場にいる様な体験が可能なVRは不動産分野との親和性が非常に高いといえます。

では、具体的にはVRを用いることでどのようなメリットが存在するのでしょうか。顧客・不動産屋双方のメリットとして大きく3つ挙げられます。

一つ目は時間の制約が小さくなるという点です。これまでの不動産分野においての契約は、不動産屋に行き条件に合う物件を提案し、実際にその物件に行き、内見することで意思決定に至るという流れでした。しかし、内見のために何件も物件に行くことは多くの移動時間を要すため、物件探しに多くの時間をとられてしまう顧客、一組の顧客に多くの時間を費やすこととなってしまう不動産屋、双方にとってマイナスとなっていました。しかし、VRを活用することで、不動産屋にいながら実際に物件にいるかのような体験が可能になり、その場での意思決定が可能になりました。そのため、より少ない時間での物件の購入が可能になります。

二つ目は空間の制約がなくなるという点です。一つ目のメリットでも述べた通り、VRを用いることで実際に物件に行く必要はなくなり、不動産屋に居ながらにして意思決定が可能になり、空間の制約から解放されました。さらに、まだ前の住人が住んでいる家を360度映像で事前に下見を行うといったことも可能になると考えられます。

三つ目はコスト削減です。物件に実際に行く必要がなくなり、それに費やしていた交通費がなくなり、また不動産屋にとっては人件費の節約にもつながります。また3DCGで家のモデルを再現するような場合には、モデルルーム作成のコストを下げるといった効果も見込めます。

また、不動産屋のメリットとして、成約率の向上が挙げられます。VRを用いてその場で物件を決めることが可能になり、意思決定のハードルが下がり、顧客にとってはより検討しやすい環境になります。その結果、契約が成立する確率も大幅に向上すると考えられます。

次に活用場面について紹介していきます。不動産分野における主なVRの活用場面は物件の内見になります。ここから、既に存在する物件の360°画像を作成することでVR内見を可能にするサービス、未完成物件をCGにより再現しVR内見を可能にするサービスの2つに分けることができます。今回はこうした不動産分野におけるVRサービスを紹介していきます。

  

360°画像を用いたVR内見サービス

1. NURVE

ナーブ株式会社は、物件を探している利用者が360°画像を用いたVR映像を視聴することで、直接物件に行くことなく物件の内見を可能にするサービスを提供しています。

ナーブ株式会社によるとVR内見により、来店成約率が1.5倍にUPし、退去前物件の成約率向上により空室期間が削減されており、仲介会社、管理会社にとって双方のメリットを生むことに成功しています。

また、専用の撮影アプリを用いることによって撮影にかかっていた時間を大幅に削減でき、誰でも高品質の360°画像を撮影することが可能になっています。

さらに、課題として挙げられていた利用者とのコミュニケーションの点においても、利用者が見ている映像をリアルタイムで不動産会社の営業担当者が視聴・操作することでスムーズな接客を可能にしています。

参照: NURVE

2.ZENKEIデジタルツイン

ZENKEIデジタルツインは360°画像を用いたVR内見サービスで、360°カメラである「RICOH THETA」を用い物件の撮影をした画像があれば、専用の管理画面にアップロードし、編集することで最短10分でコンテンツを作成することができます。

作成されたコンテンツは埋め込みコードを自社サイトなどに貼り付けることで簡単に公開することができます。

 さらにパノラマVRの「見せる機能」に加え、リアルの営業現場と同じように、お客様が内見する様子をAIで把握し、リアル営業を次のステップに躍進させる機能を一体化して、ネット上にリアルビジネスのデジタルツインを作り出すサービスとなっています。

参照: ZENKEIデジタルツイン

 

3.Spacely

スペースリーは360度VRコンテンツを、誰でも手軽にかんたんに制作、編集、そして効果的に事業で活用できるクラウドソフトウェアです。不動産分野を中心に住宅分野、観光、ギャラリーの展示アーカイブ、百貨店、レストラン等、様々な分野で活用されています。

市販の360度カメラで撮影した写真に、管理画面上で簡単な編集を加えればVRコンテンツとして接客や営業活動に利用することが可能です。直感的な操作でコンテンツ内にテキストやリンク、カスタマイズした問い合わせボタンを組み込めるなど使い勝手の良い編集機能や、高画質な画像処理機能などを備えています。

またブラウザベースに特化していて、作るのも見るのもデバイスを問わない。PCやタブレット、スマホから同じように制作・閲覧でき、店頭営業に用いるだけでなく、サイトに埋め込んだりメールなどでURLを共有したりと幅広い用途で使えます。

 

3DCGによる未完成物件のVR内見サービス

4.動産向けVR内覧システム 内覧くん

VR内覧システム「内覧くん」は、マンションなどの部屋のイメージを3Dで作成し、VRで空間を体験することができるサービスです。

例えば、顧客様が建築予定の分譲マンションのモデルルームを訪れた場合、特定のタイプしか見学できません。

また、内装や設備についてもモデルルーム仕様となっている場合が多く、現実の暮らしのイメージを描きづらいのが実情のようです。

VR内覧システム「内覧くん」では、その物件で取り扱う建具や床材、壁紙、家具などを自由に選んで仮想空間をつくることができるため、実際の部屋のイメージがしやすくなります。

ハウスメーカー様の場合も同様に、多彩な建材や内装材、インテリア、設備などを組み合わせて顧客様のご希望の空間を可視化することができます。

 

5.株式会社リビングハウス

株式会社リビングハウス

株式会社リビングハウスは「OiSS(オイッス)」というサービスを提供しています。同サービスはコロナ禍でモデルルーム来場者数に伸び悩むマンション事業主に向けたワンストップでバーチャルとリアルの両面から効率的に新築分譲マンション販売を支援するサービスです。

新サービス「OiSS(オイッス)」は、One-stop interior Support Service の略で、「マンション販売」に関わるインテリアの問題をワンストップで解決するサービスです。

1. バーチャル技術を用いて「暮らしのイメージ」の具現化でマンション販売を強力サポート

2. 竣工済物件では、リアルモデルルームを設営に際してパッケージしたインテリア家具プランサービスにより「短い納期」かつ「高い コスパ」を提供。更にVR を併用することで、家具がないお部屋もイメージ可能

3. オンライン&リアル店舗でマンションご購入者様へのインテリア販売サポート予定(インテリア相談&ご優待などを予定)

 

6.不動産VR

不動産VRは完成前の建物の内観や外観をCGで作成し、Web上のVRで体感できるサービスです。また、付近の道路や施設は360°カメラで撮影するため、実際にその場所に存在しているようなイメージを作成することが可能です。導入の手順は初めの打ち合わせの後、不動産VRのスタッフが対象物件の周辺環境を360°カメラ撮影、その後図面、CADデータ、仕様書などの書類を提出し、最短2週間でCGによるVR映像を開発を行い、データの納入という流れになります。

 

まとめ

今回は不動産分野でのVR活用事例をご紹介していきました。

これからの不動産×VRに期待です。

 記事:永峯太陽

-VR活用

Copyright© XR Biz Mag. 2021 All Rights Reserved.