XR Biz Mag.

エンタープライズVR/ARの最先端を届けるメディア

VR活用

旅行×VRの活用事例

投稿日:

今日、VRのビジネス活用が進んでいますが、旅行にVRを活用することも可能で「大掛かりな準備など必要なく手軽」「現実で旅行に行くより低コストで済む」「現実では行くことが難しい場所に行ける」など、様々な効果が期待できます。

1:FIRST AIRLINES

東京池袋にあるVRエンターテイメント施設「FIRST AIRLINES(ファーストエアラインズ)」。

ここでは、地上にいながら航空・世界旅行の体験を味わうことができます。世界初のバーチャル航空施設として、およそ110分のフライトの中で、NY、パリ、ローマ・ハワイなど様々な国のアクティビティを楽しめます。

実際に使われていた客席や機内を再現した内装などで飛行機での旅を演出、さらに元CAから直接訓練された搭乗クルーの接客で気分を盛り上げてくれます。

参照:FIRST AIRLINES

 

2:ANA VIRTUAL TRIP

「ANA VIRTUAL TRIP」は、VRの技術を使って、「疑似的」に旅行に行けない方も一緒に旅行ができるサービスです。今まで一緒に旅行に行けなかった方とも、これからは一緒に旅行を楽しむことができます。

旅行中のVR画像を見ながら、ビデオ通話で会話を楽しむことができます。 360°のVR旅行画像を見ながら、まるで一緒にそこにいるかのように会話ができる新しい旅行のカタチ。

それがANAが提供する「ANA VIRTUAL TRIP」サービスです。

参照:ANA VIRTUAL TRIP

 

3:JAL xR Traveler

「JAL xR Traveler」は”旅を気軽に試着する”をコンセプトとした体験です。体験者はナビゲーターに誘われ、現地の空気感を味わいながらバーチャルで旅を体感。「視覚や聴覚に加え、嗅覚(現地の匂いを再現)、触覚(送風装置や歩行器を活用)なども刺激し、より没入感のある体験を実現する」としています。

参照: JAL xR Traveler

 

4:VR観光体験-北海道美唄市-

自治体が展開した「」というアプリでは、美唄市の観光名所やおすすめスポット、ご当地料理などを360度パノラマカメラを通じて模擬体験することができます。スポットとしては、桜の名所「東明公園」、美唄の青の洞窟、と親しまれる「ピパの湯」、渡り鳥が来る「宮島沼」、美唄市が誇るソウルフード「美唄焼き鳥」、炭鉱の遺構「炭鉱メモリアル森林公園」の合計6スポットを楽しむことができます。

参照: VR観光体験-北海道美唄市-

 

5:WELLTWON

このVRゲーム「WELLTWON」では、ニュージーランドの首都ウェリントンを観光することができます。都市のいくつかの場所でコントローラーを使ってゲームを楽しむことができ、ストリートパフォーマーとの掛け合いや「市民にボールをぶつける」「釣り」などのコンテンツが用意されています。また、ウェリントンの大自然をVR体験することができます。

参照: WELL TWON

  

6:VR JAPAN

このコンテンツでは、どこかで見たことのある日本の空間を体験することができます。
体験時間は3分程度で、日本のどこかで見たことのある風景(路地裏、地下鉄通路、和室、寺院)が扉で繋がれています。テレポートにより移動することができます。

風景の1つ1つが細かいところまで再現されており制作者のこだわりを感じます。バーチャル空間でありながらも日本の雰囲気を存分に味わうことができます。

参照:VR JAPAN

 

7:2nd Step

2ND STEPは月から火星、そして未来の宇宙への旅を題材にしたドキュメンタリー作品です。広大な宇宙を美しい音楽と共に漂う体験ができます。クオリティの高いCGによって、月面に降り立った当時の宇宙飛行士の感動を体感できます。

実際に宇宙旅行に行くことは現代では現実的ではありませんがVRを活用すれば宇宙旅行でさえも体験することができます。

参照: 2ND STEP 

 

8:Google Earth VR

従来のGoogle Earthでは2次元の画面上で世界中を移動するものでしたが、Google Earth VR では、360度のVR空間内で世界各地を移動できます。さらに、Google Earth VRには、ストリートビュー(ナビ機能)が追加されており、世界各地の街中を歩き回ることも可能になっています。

参照: Google Earth VR

 

9:A Guided City Tour シリーズ

A Guided City Tour シリーズはYouTubeVRで全世界の様々な観光名所を回ることができます。アムステルダムの情緒ある美しい街並み、バンコクの様々な観光名所、自然に囲まれた絶景をはじめ、世界の美しい観光名所をVRで旅行できます。

まとめ

このように、旅行分野でも様々な形でVRが活用されており、VRを活用することで家にいながらでも日本のあらゆる名所から世界各地の観光名所までいろいろな場所の旅行を疑似体験することができます。また宇宙のような現実では行くことが難しい場所にでも行ける点やそれらの旅行が低コストで楽しめるという点がVRを使って旅行をすることの利点だと言えます。

これらのコンテンツは実写映像を使って作られているものから、フルCGで作られているものまでさまざまです。これからVRのハードがもっと進化して現実と見分けがつかないほどの画質で映像を見れるようになれば家にいながらも絶景が見れるため、さらに楽しい旅行体験ができるようになるかもしれませんね。

旅行×VRの未来に期待してます。

記事:永峯太陽

-VR活用

Copyright© XR Biz Mag. 2021 All Rights Reserved.